独り言

接待を伴う飲食店で働く女性団体「日本水商売協会」が独自の感染対策!

東京都が取りまとめた「新型コロナウイルス感染症を乗り越えるためのロードマップ」では、ステップ0~ステップ3の4段階が示されています。 休業要請の緩和のステップ(施設別)において、以下の施設は緩和対象になっていません。 ・接待を伴う飲...
独り言

北の歓楽街ススキノ4月売上高が8割減!接待を伴う飲食店に6月の自粛継続はありえない

すすきの観光協会が4月の売上高8割減と公表 すすきの観光協会は、札幌・ススキノ地区にある飲食店の4月の売上高が前年同月比で約8割減少したとの調査結果を公表しました。 同協会の3月分の調査では売上高は6割減、来店客数は5~6割減と公表...
独り言

【札幌市】21日宣言継続は想定内?ここにきて救急医療「崩壊」の恐れは聞いてない!

5月20日 緊急事態宣言について、大阪、京都、兵庫の関西2府1県で解除する一方、東京など首都圏の1都3県と北海道は継続する方針を固め、政府は21日開かれる諮問委員会に諮ることになりました。 政府は「直近1週間の新たな感染者数が10万...
独り言

【宣言解除の目安】人口10万人当たり0.5人の確率とは?宝くじと比べてみた

2020年5月19日 政府は、8つの都道府県への緊急事態宣言を解除できるかどうか、21日にも判断する予定です。 8都道府県では、新たな感染者の数はいずれも減少傾向ですが、人口10万人当たりの新たな感染者数では、北海道、東京、神奈川で...
独り言

コロナ感染は国民の「気の緩み」か?西村大臣の発言にネット上で批判相次ぐ

西村経済再生相は、5月16日の記者会見で、緊急事態宣言が39県で解除された後、宣言が継続する東京、大阪、北海道で人の移動が増えている現状について言及しました。 「ここで気が緩むと、今後また新規感染者数が増えてくる。宣言の解除はできなくなる...
独り言

検察庁法改正案~恣意的な人事は行われない!何を根拠に政府与党は断言するのか

2020年5月18日 検察庁法の改正案をめぐり、与党側は19日、武田国家公務員制度担当大臣に対する不信任決議案を否決したうえで、20日に衆議院内閣委員会で改正案を採決したい考えです。これに対し、野党側は内閣委員長の解任決議案の提出も視...
独り言

【10万円給付金】オンライン申請に自治体から悲鳴!現場を踏まえない政府に嘆く市区町村

すべての人に一律10万円を配る「特別定額給付金」 ご存知のとおり「オンライン申請」と「郵送申請」の二つの方法があります。 オンライン申請は、内閣府のサイトである「マイナポータル」の申請ページを通じて、自身の住む自治体に世帯毎に申...
独り言

他都府県へ警鐘!コロナ第2波に襲われる札幌市に見る介護施設クラスターの現状

最大規模のクラスター「茨戸アカシアハイツ」 5月14日、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が39県で解除されました。 同日、北海道札幌市で新たに6人の感染が確認されています。 感染者6人の内、4人はクラ...
独り言

【歪む行政】道警ヤジ排除問題から見る検察庁法改正案!国民の権利と自由を守れ

道警ヤジ排除問題とは 昨年7月15日、安倍首相の札幌市内での参院選街頭演説に、ヤジを飛ばすなどした市民を道警の警察官らが排除した問題で、今年の2月25日、札幌地検は不起訴処分としました。 当初から道警は、この行為を正当化し、措置の法...
独り言

Twitterデモ「検察庁法改正案に抗議します」は政権を動かすか?【5分でわかる改正案】

まず、検察官の職務とは 裁判に「かける」か「かけない」か、言い換えれば「起訴する」か「起訴しない」か、日本では検察官だけが起訴することができます。 検察官が起訴しなければ、裁判は始まりません。 事件...