定年

サラリーマンの方へ

定年

あなたは若手の「老害」になっていませんか?中高年サラリーマンの作法とは

日本では基本的に年上(目上)の人に対し、礼儀をもつ習慣があります。 宴会での座席にしても「上座」など、特にサラリーマンであれば礼儀に配慮されていることでしょう。 若手サラリーマンの中には、礼儀を弁えない者も増えています。 ...
定年

誰もが不安な老後資金!あなたの不安レベルは?

「金融庁の公的年金だけでは2000万円不足する」を簡単に振り返ってみましょう。 2,000万円必要な根拠を簡単に説明すると 65歳で公的年金を受給し(老齢夫婦モデルケース21万円)、平均的な生活(老齢夫婦の平均支出26.5万...
定年

60歳定年後65歳まで再雇用「嘱託社員」の立場とは?

65歳定年制とは言え、約8割の企業が60歳で一度退職し、正社員ではなく「嘱託社員」として再雇用され働くことになります。 嘱託社員とは、どのような立場なのでしょう? 嘱託社員は、企業と有期契約を...
定年

サラリーマンであれば定年までに訪れる?6つの選択!あなたは?

サラリーマンであれば定年までに訪れるかもしれない選択とは何でしょう? 現状で考えられる選択は6つあります。 ①現在の仕事を継続する ②副業や兼業を行う ③転職する ④起業する ⑤セミリタイアする ⑥アーリーリタイア それ...
定年

定年退職者を襲う「うつ病」の恐怖!会社依存症からの脱却

定年退職者を襲う「うつ病」は、「定年前」から発症するケースと「定年後」から発症するケースが考えられます。 なぜ、定年前後でうつ病が発症するのでしょう? 一緒に考えてみましょう。 定年前に発症する「うつ病」 一般的に「定年」は...
定年

年金受給前に退職するプチリタイア!多様化する60歳以降の資金計画

プチリタイアとは? 現行65歳定年制ですが、多くの企業が60歳で一度退職し、再雇用するケースが多く見受けられます。 退職金も貰い、60歳以降は働きたくないと思われる方も多いことでしょう。 当ブログを訪問される方であれば、65歳...
定年

「追い出し部屋」と呼ばれる扱いも60歳以降はあたり前?

2019年6月15日 東芝が100%出資する主要子会社にこの春、新しい部署ができた。そこには希望退職に応じなかった社員らが集められ、社内外の多忙な工場や物流倉庫で単純作業を命じられている。東芝は「適切な再配置先が決まるまでの一時的措置...
定年

もしもサラリーマンに賞味期限があるとすれば?消費期限70歳は長くないか?

賞味期限、消費期限とは? 食品における 賞味期限とは、美味しく食べられ期限です。 消費期限とは、安全に食べられる期限、期限を過ぎたら食べない方がいいとされる期限です。 一般に、 いたみやすい食品には「消費期限」が記載さ...
定年

あなたは愛社精神を持っていますか?

世界的に見ても日本の「終身雇用」は、特異なものかもしれません。 欧米などの海外では、会社と個人が職務を限定して契約し、個々が専門の仕事を継続しキャリアアップしていくのが一般的です。 個々の専門性が高められていく構造になっています...
定年

生活環境や生活習慣を変えることで老後資金は大きく削減される

老後資金を算定する上で把握すべきこと 老後資金を算定するのに不可欠な数字が、「年金の額」と「基本となる生活費」です。 年金の額について 年金額については年に1度、誕生月に送付される「ねんきん定期便」で確認するのがよいでしょう。 ...