元農水事務次官に懲役6年の実刑判決!犯行動機にある川崎殺傷事件の影響は?

独り言

2019年12月16日

農林水産省の元事務次官が長男を殺害した罪に問われた事件の判決で、東京地方裁判所は「『長男に殺されるという恐怖から刺した』とする被告の供述は信用性に乏しい」などとして、懲役6年を言い渡しました。

農林水産省の元事務次官、熊澤英昭被告(76)はことし6月、東京・練馬区の自宅で、長男の英一郎さん(44)を包丁で刺して殺害したとして、殺人の罪に問われました。

被告は起訴された内容を認め、裁判では被告が長男から家庭内暴力を受けるなどした事件のいきさつを踏まえて、情状酌量がどの程度認められるかが争点となりました。

検察は懲役8年を求刑し、弁護側は執行猶予の付いた判決を求めていました。

16日の判決で、東京地方裁判所の中山大行裁判長は「『長男に殺されるという恐怖から刺した』とする被告の供述は信用性に乏しく、ほぼ一方的に攻撃を加えたと認められ、強固な殺意に基づく危険な犯行だ。主治医や警察に相談できたのに相談することなく、同居してわずか1週間で殺害を決意して実行した経緯には短絡的な面がある」と指摘しました。

そのうえで「長男から暴行を受けて恐怖を感じ、対応に不安を感じる状況になったという事情が背景にあることは否定できず、それなりに考慮すべきだ」として、懲役6年を言い渡しました。

出典:NHK NEWSWEB 元農水次官に懲役6年の実刑判決

この事件は、6月1日午後、東京都練馬区にある自宅で起きました。

事件数日前の5月28日、

神奈川県川崎市多摩区登戸で発生した通り魔殺傷事件では、ひきこもりの51歳男性が、私立小学校行きのスクールバスを待っていた児童の一団に、刃物で襲い掛かり児童や保護者を殺傷し、死者2名、負傷者18名となった無差別殺傷事件がありました。

熊沢容疑者は、犯行の動機について、川崎市で児童ら20人が殺傷された事件が頭をよぎり、「長男が子どもたちに危害を加えてはいけないと思った」との供述をしているのが報じられています。

近隣の小学校で運動会があり、長男が「運動会の音がうるさい。ぶっ殺すぞ」と発言したことから注意した熊沢容疑者と口論になり、「長男が児童に危害を加えるのではないか」と心配していた点も報道されています。

今回の判決では、
「長男に殺されるという恐怖から刺した」とされ、被告の供述は信用性に乏しいと指摘されています。

一方的な攻撃をし強固な殺意に基づく犯行だったことが、その理由です。

「運動会の音がうるさい。ぶっ殺すぞ」

と発言する息子を止めるには、自身すら殺される身である以上、一方的な攻撃と強固な殺意ある行動になるものと思われます。

「同居してわずか1週間で殺害を決意して実行した経緯には短絡的な面がある」

と指摘されていますが、僅か数日前に発生した川崎での事件を知れば、一刻も早く息子の行動を阻止しようと思うはずです。

「長男に殺されるという恐怖から刺した」という理由に、

もうこれ以上、息子のことを悪く言いたくないという熊沢容疑者の気持ちを感じさせられます。

熊沢被告を擁護する気はありませんが、もし川崎の無差別殺傷事件がなかったら・・・・

結末は違っていたかもしれません。