「道警謝れ!」道警本部前で怒号!道警ヤジ排除問題で抗議集会【札幌】

独り言

2019年10月22日

参院選で遊説中の安倍総理にヤジを飛ばした市民などが 警察官に排除された問題。

実際に排除された当事者らが参加して、抗議集会が22日札幌で開かれました。

警察官に排除された人:「(政権に対し)路上で指摘することぐらい許せよ」

22日の集会には、市民など100人以上が集まり、実際に警察官に排除された人たちが当日の様子などを語りました。

警察官に排除された人:「集団が動いてきたときに掲げていたプラカードは(警察官に)上から抑えられて周りを囲まれた」「10秒もしないうちにつかまれて、羽交い締めにされて引っ張られた」

この問題は、2019年7月参院選で札幌を訪れた安倍総理に対し「アベやめろ」とヤジを飛ばした市民などが、北海道警によって排除されたものです。

参加者らは道警本部の前でも抗議活動を行いましたが、道警はこれまで「事実関係については確認中」と答えるのみにとどまっています。

出典 UHB 北海道文化放送

経緯等の詳細は過去記事をご覧ください。

 

【札幌発】警察の強制排除に不服!7.15首相演説にヤジ8.10抗議デモ予定
8月7日 <札幌地検に告発状が出されたことを理由に> 安倍晋三首相の札幌市内での参院選街頭演説にヤジを飛ばすなどした市民を道警の警察官らが排除した問題で、小林ヒサヨ道公安委員長は6日の道議会総務委員会で「警察の職務執行の中立性に...

 

この問題は、札幌地検に告発状が出されています。

道警は、道公安委員長より3つの指導を受けています。

①事実関係を確認する。
②道民に分かりやすい説明を行う
③不偏不党かつ公平中立を旨に職務を遂行する

道警は、3ヵ月経っても未だ「①事実関係を確認する」の段階です。

8月の会見時、

道警が明確な説明をしていない点を指摘すると、

山岸本部長は、

「できるだけ早い時期に必要な説明を行う」

と応じていました。

道民に分かりやすい説明をするのは、一体いつなのでしょうか?

不偏不党という言葉が使われています。

どの党派や主義にも偏らずと言った意味合いですが、道警は安倍政権に偏っています。

「首相に対する忖度が働いたのかもしれないが、明らかにやり過ぎ」

この発言をしたのは、自民党ベテラン議員と報道されています。

野党が批判するのは当たり前ですが、与党である自民党からも批判的な意見が出ています。

国会でのヤジは「議場の華」とまで言われ、議会制民主主義の象徴でもあります。

「国会」が「街頭」になっただけの話のよう思えます。