FP資格を取得しても家計を制することはできない?

家計管理

家計の支出項目とFP資格の学習項目

家計の支出項目とは、具体的には家計簿をイメージするのがいいでしょう。

家計の支出項目において、FP資格の学習項目がどれくらい関与するのか?

生活費と固定費に分けて見ていきます。

生活費

家計の支出項目 FP学習項目 具体例
食費 ×
日用品 ×
被服費 ×
娯楽費 ×
交通費 ×
医療費 医療費控除等
交際費 ×
こづかい ×

生活費においては、辛うじて「医療費」が該当する結果となりました。

FPが関与する項目は、ほぼないと言っていいでしょう。

固定費

家計の支出項目 FP学習項目 具体例
住居費 住宅ローン等
電気代 ×
水道代 ×
ガス代 ×
通信費 ×
保険費 生命保険等
税金 固定資産税等
教育費 学資保険等

固定費に関しては、FP学習項目が関与してきます。

やはり、固定費における「保険の見直し」は、家計を見直す上で重要な位置付けにあります。

生命保険、医療保険、がん保険、自動車保険、火災保険等、個人年金保険等、様々な保険に加入されている方もいることでしょう。

「保険費」と一項目だけど、見直す内容は多いかも・・・・

 

光熱費である電気代・ガス代については、自由化に伴い見直すことができるようになりました。

家計を見直す上で、是非とも手を掛けたいところです。

 

通信費には、インターネット回線や携帯電話料金等があります。

家計に占める割合が比較的大きいので、ここも是非とも手を掛けたいところです。

最後に

FPの概念の中に、「節約」とか「省エネ」と言ったものはありません。

家計を管理する上では、必要なものと思われます。

支出削減の定石は、やはり「固定費」の削減です。

従来は「保険の見直し」が主流でしたが、今後は「光熱費」と「通信費」の見直しが必須となることでしょう。

誤解しないで欲しいのが、あくまでもFP資格を取得する上で学習するかしないかの話です。

携帯電話料金の削減を手掛けるファイナンシャルプランナーの方もいることでしょう。

 

家計の見直しは、老後の年金生活を迎えるにあたり必須の課題と言えます。