アーリーリタイア

アーリーリタイア

今後急増するアーリーリタイア~現行の「65歳定年制」に懸念される理由

アーリーリタイアとは アーリーリタイア(早期退職)とは、定年を迎えることなく会社を辞めることです。 日本における定年年齢は65歳であり、65歳を前にして会社を辞めることと言えます。 これまでのアーリーリタイアは、 「会社員を早く辞めて自由な生活を送りたい」といった人生観のもと、主に40代~50代の中高齢サラリーマンが実現を図ってきました。 アーリーリタイアに定義はありませんが、仕事を全くせずに収入...
アーリーリタイア

何かと不安なアーリーリタイア!不安は無いよりあった方がいい

不安は早期に抱くことが大切 例えば、将来の年金不安です。 30代~40代の多くが、年金をあてにしていないことでしょう。 年金に頼ることなく自助努力の資金で老後を考えている方が多いものと思われます。 一方、50代であれば年金を老後の収入源の「柱」と考えている方が多いでしょう。 年金で暮らす親の姿を見ています。 自助努力は必要であることは知っていても、金融庁の2000万円報告書に驚かされた方もいること...
アーリーリタイア

アーリーリタイアは働くことを放棄した訳ではない!会社を放棄したに過ぎない

アーリーリタイアは、会社を辞めて昔で言う「隠居生活」をイメージされるかもしれません。 「悠々自適な生活」や「趣味に没頭する生活」を送られている方もいるでしょう。 アーリーリタイアとは、会社で働くサラリーマンが対象となる言葉です。 例えば、 お笑芸人の方が、お笑いの世界から身を引く行為は「引退」と呼ばれることでしょう。 プロスポーツ選手も同じく「引退」という言葉が使われています。 プロ野球選手が40...
アーリーリタイア

アーリーリタイアで人生をリセット!お金で買えない健康を手にする

アーリーリタイアのデメリットでも紹介しましたが、リタイア後は肩書のない無職になります。 組織である会社から離れ、社会的には一人になります。 これを孤独と感じる方もいるでしょう。 リタイア直後は、社会において如何に自分が無力であるか知ることでしょう。 人生における社会的な立場は、ある意味完全にリセットされます。 ここまでは、アーリーリタイアを悲観的に表現しましたが、これが逆にアーリーリタイアの魅力で...
アーリーリタイア

アーリーリタイア実現の3ステップ!最後の決断に必要なものは何?

ステップ1 アーリーリタイアを知る 会社や会社生活に不満を感じ「会社を辞めよう」と考えたり、リストラ等により早期退職を求められた時や会社を辞めて第2の人生を歩もうとした時など、アーリーリタイアという人生の選択肢を知る機会は、人様々だと思われます。 40代後半~50代の高齢サラリーマンであれば、終身雇用の親の姿や職場を定年する上司や先輩方を多く見てきたことでしょう。 会社で定年を迎えることは言わば「...
アーリーリタイア

アーリーリタイアの失敗とはどんな状況か?失敗を回避することはできるか?

アーリーリタイアの失敗とは? アーリーリタイアを実現し後悔している方をネットで見かけます。 行きたくない会社を辞め、自由な時間を手に入れたにも関わらず、なぜ失敗と思い後悔するのでしょうか? 具体的な実例を3つ紹介するとともに、失敗を回避する方法を一緒に考えてみましょう。 アーリーリタイアの失敗① 早々に資金不足に陥る FXで1億円の資産を築いたAさんは、35歳でアーリーリタイアを実現しました。 会...
アーリーリタイア

FP資格の取得者であってもアーリーリタイアの決断が困難な理由

アーリーリタイア資金の算定には不確定要素が多い アーリーリタイアの決断において、アーリーリタイアの資金計画は必要なものと思われます。 FP資格を取得していれば、容易にアーリーリタイアの資金計画を作成できるのでしょうか? アーリーリタイア資金の算定には不確定な要素が多く存在します。 算定を困難にする不確定要素とは何か? 主なものを3つ紹介します。 アーリーリタイア資金ー不確定要素 ①寿命 あたり前の...
アーリーリタイア

「守り」と「攻め」のアーリーリタイア?人生逃げきり?

守りのアーリーリタイアとは? アーリーリタイアは、「人生逃げきり」といった表現を耳にしたことがあります。 ネット掲示板では、 〇千万円あれば逃げ切れる 最低1億以上は必要 様々な意見が乱立しているのを見かけます。 アーリーリタイアは、とかく資金面の問題がクローズアップされています。 早期退職であるアーリーリタイアは、定年を前に老後生活に突入し、昔でいう隠居生活をイメージさせるかもしれません。 私も...
アーリーリタイア

アーリーリタイアに後悔はないか?暇で困らないか?

資金面ばかり気にするのであればアーリーリタイアは不向き? アーリーリタイアは、あらかじめ生涯資金を準備し会社を辞め、退職後は言わば「隠居生活」をイメージされるかも知れません。 その為、資金面での問題がクローズアップされる傾向にあります。 いくらあったらアーリーリタイアできますか? 6,000万円あったら50歳でアーリーリタイアできますか? この質問に、前提条件がなく即答できる人はいません。 仮に、...
アーリーリタイア

生活環境や生活習慣を変えることでアーリーリタイア資金は大きく削減されます

削減効果は10年単位で評価しよう 例えば、 1日にタバコを2箱吸う生活習慣の方がいたとしましょう。 1箱が480円 2箱だと1日の支出が960円となります。 タバコを吸っている人は、1日960円の支出の大きさに気付きにくいものです。 1日960円を10年間で見てみましょう。 960円/日×365日×10年=3,504,000円 10年間で約350万円の支出です。 新車で自動車が手に入る価格です。 ...
アーリーリタイア

アーリーリタイアの資金計画は将来の生活を描き支出をゼロベースから積上げる

今までの生活レベルを元に資金計画を考えるのは止めよう この記事は、 の続編となります。 特に、アーリーリタイア資金の金額に関しては、「+α」の表記をしています。 必ず上記の記事を読み、ご理解されてからお読みください。 今までの生活レベルを維持する考え方とは 例えば、 50歳独身のAさんは、年間基本生活費360万円(月額30万円)の生活レベルです。 Aさんは、50歳でアーリーリタイアし、その後も同一...
アーリーリタイア

アーリーリタイアの資金はいくら必要?50歳、40歳、30歳の各年齢における資金をイメージする

アーリーリタイアとは? アーリーリタイア(Early Retirement)、直訳すると「早期退職」です。 アーリーリタイアとは、定年前に自らの意思で会社を辞めることです。 サラリーマンは、いずれ定年を迎え会社を辞めます。 現状、定年年齢は65歳で65歳から年金を受給するのが一般的と考えられています。 定年年齢は65歳ですが、60歳で一度会社を退職し再雇用というケースも多く見られます。 公的年金は...