アーリーリタイア

アーリーリタイア

FP資格の取得者であってもアーリーリタイアの決断が困難な理由

アーリーリタイア資金の算定には不確定要素が多い アーリーリタイアの決断において、アーリーリタイアの資金計画は必要なものと思われます。 FP資格を取得していれば、容易にアーリーリタイアの資金計画を作成できるのでしょうか? アーリーリタイア資金の算定には不確定な要素が多く存在します。 算定を困難にする不確定要素とは何か? 主なものを3つ紹介します。 アーリーリタイア資金ー不...
アーリーリタイア

「守り」と「攻め」のアーリーリタイア?人生逃げきり?

守りのアーリーリタイアとは? アーリーリタイアは、「人生逃げきり」といった表現を耳にしたことがあります。 ネット掲示板では、 〇千万円あれば逃げ切れる 最低1億以上は必要 様々な意見が乱立しているのを見かけます。 アーリーリタイアは、とかく資金面の問題がクローズアップされています。 早期退職であるアー...
アーリーリタイア

アーリーリタイアに後悔はないか?暇で困らないか?

資金面ばかり気にするのであればアーリーリタイアは不向き? アーリーリタイアは、あらかじめ生涯資金を準備し会社を辞め、退職後は言わば「隠居生活」をイメージされるかも知れません。 その為、資金面での問題がクローズアップされる傾向にあります。 いくらあったらアーリーリタイアできますか? 6,000万円あったら50歳でアー...
アーリーリタイア

生活環境や生活習慣を変えることでアーリーリタイア資金は大きく削減されます

削減効果は10年単位で評価しよう 例えば、 1日にタバコを2箱吸う生活習慣の方がいたとしましょう。 1箱が480円 2箱だと1日の支出が960円となります。 タバコを吸っている人は、1日960円の支出の大きさに気付きにくいものです。 1日960円を10年間で見てみましょう。 960円/日×365日×10年=3,504,000円 10年間で約350万円の支...
アーリーリタイア

アーリーリタイアの資金計画は将来の生活を描き支出をゼロベースから積上げる

今までの生活レベルを元に資金計画を考えるのは止めよう この記事は、 の続編となります。 特に、アーリーリタイア資金の金額に関しては、「+α」の表記をしています。 必ず上記の記事を読み、ご理解されてからお読みください。 今までの生活レベルを維持する考え方とは 例えば、 50歳独身のAさんは、年間基本生活費360万円(月額30万円)の生活レベルです。 Aさん...
アーリーリタイア

アーリーリタイアの資金はいくら必要?50歳、40歳、30歳の各年齢における資金をイメージする

アーリーリタイアとは? アーリーリタイア(Early Retirement)、直訳すると「早期退職」です。 アーリーリタイアとは、定年前に自らの意思で会社を辞めることです。 サラリーマンは、いずれ定年を迎え会社を辞めます。 現状、定年年齢は65歳で65歳から年金を受給するのが一般的と考えられています。 定年年齢は65歳ですが、60歳で一度会社を退職し再雇用というケースも多...
アーリーリタイア

アーリーリタイアのメリットは期間限定!デメリットは肩書を失い、1億円をドブに捨てる?

アーリーリタイアのメリット メリット① アーリーリタイアのメリットは期間限定です アーリーリタイアは早期退職であり、定年前に自らの判断で会社を辞めることです。 定年制のあるサラリーマンが対象となる言葉です。 アーリーリタイアは、何も特別なことではありません。 60歳や65歳になれば、働き続けて定年を迎える人と同じく老後生活を営むこととなります。 アーリーリタイアで得られ...