社会情勢

社会情勢

【年金財政検証】所得代替率50%は生活保護レベル!50%維持で安心してはいけない

5年に1度の年金における財政検証は今回で3回目になります。 今から15年前の2004年、時の小泉内閣でマクロ経済スライドの仕組みを導入し年金改革が行われました。 「100年安心」と言われた年金改革です。 経済変動や平均余命...
社会情勢

【かんぽ不適切販売】極めて僅少で重大性の認識はなかった!法令違反軽視の経営陣は退陣せよ

2019.8.23 政府の郵政民営化委員会の岩田一政委員長は23日に開いた会合後の記者会見で、かんぽ生命保険の不適切販売問題について「現場からトップまで(情報が)伝わる仕組みが機能していないことが大きな問題だ」と述べ、日本郵政グループ...
社会情勢

【かんぽ不正】長門社長「冗談ではない」発言に一般投資家の思いは?

7月31日、「郵政グループ3社社長会見」の謝罪会見で、日本郵政の長門社長が「冗談ではない」と憤り声を高めました。 7月29日の記者会見における「岩田発言」及び「清田発言」に対するものです。 郵政民営化委員会の岩田一政委員長は、 ...
社会情勢

【かんぽ】電子サインの転写(不正コピー)で契約書捏造!クローズアップ現代が暴く

番組冒頭(経緯) 2019年7月31日、クローズアップ現代において「検証1年郵便局・保険の不適切販売」が放送されました。 2018年4月24日放送の『郵便局が保険を”押し売り”!?~郵便局員たちの告白』の言わば第2弾の報道です。 ...
社会情勢

【かんぽ不正】今後問われる郵便局員の「生命保険募集人」としての責任

2019年7月31日 「郵政グループ3社社長会見」は、現時点での経営側の認識を知るものとなりました。 お客様本位の業務運営をこれまでも取り組んできたという経営陣ですが、その認識は法令違反22件という数万件から見れば極わずかな件数...
社会情勢

「ひずむ郵政」と題し西日本新聞がオープンジャーナリズムを展開

オープンジャーナリズムとは、 取材過程をオープンにしながら事実を明らかにしていく「報道手法」です。 SNS等で情報を呼びかけ、寄せられた情報をもとに取材を深め報道します。 NHKは、この「報道手法」を用い「クローズアップ現...
社会情勢

かんぽ不正販売~全顧客の意向確認!言うのは簡単、現場は大丈夫?

日本郵便は、全国の郵便局に対しかんぽ生命の全契約者の確認作業を命じました。 7月14日 かんぽ生命保険の不正販売問題で、日本郵便は14日、かんぽ生命の全契約者に対し、不本意な契約内容になっていないか意向確認を行うと明らかにした。郵便...
社会情勢

【かんぽ生命】10年前にも業務改善命令!改善が全く見られないオワコン企業

かんぽ生命 10年前にも業務改善命令! 「株式会社かんぽ生命保険」は、2006年9月郵政民営化法に基づき「株式会社かんぽ」が設立、翌年の10月に商号変更し「株式会社かんぽ生命保険」が誕生しました。 2006年設立から僅か3年、200...
社会情勢

金融庁が処分検討~かんぽ生命の悪事に鉄槌を!

当ブログでも、かんぽ生命の保険の不適切な販売について記事にしてきました。 「法律違反はない」と主張し、反省が全くみられませんでしたが、もう言訳のできない状況になりました。 2019/7/8 かんぽ生命保...
社会情勢

スマホ決済の信頼性揺らぐ!わずか4日の命 7payセブンペイ新規登録停止へ

2019年7月4日 セブン&アイ・ホールディングス(HD)は、コンビニ最大手のセブン―イレブンで1日から始めた独自のスマートフォン決済「7Pay(セブンペイ)」について、利用者の一部が不正アクセスの被害に遭ったことを受け、セブンペイの...