新着記事

独り言

生活保護の扶養紹介は必要か?厚労省~申請者の意向尊重を求める通知の無意味さ

2021年4月9日 毎日新聞 生活保護を申請する際に自治体が親族に連絡し、援助できないか否かを問い合わせる「扶養照会」について、厚生労働省は、照会を拒んだ場合に丁寧に理由を聞き取って確認するなど申請者の意向を尊重するよう求める通知を出した。 通知は3月30日付で、自治体の職員が参照する「生活保護問答集」を改正する形で行われた。問答集によると、申請した人が扶養照会を拒んだ場合、本人に「特...
独り言

【文科省会議】記述式断念か?共通テスト~混乱を先延ばした罪は重い

2021年4月2日 共同通信 大学入試の在り方を議論する文部科学省の有識者会議は2日、記述式の出題は大学の個別入試で促す方向でおおむね一致した。 大学入学共通テストでの実施は、採点の正確性や公平性といった課題の解決が容易ではなく、現実的ではないとの意見が大勢を占めた。 2022年度からの高校の新学習指導要領で学んだ高校生が受ける25年1月以降の共通テストでの記述式導入は断念が濃厚...
独り言

サイボウズ~新卒1年目で取締役!他薦よりも自薦を評価!年功序列は今や死語

2021年3月28日 朝日新聞デジタル IT企業のサイボウズは28日、都内で開いた定時株主総会で、社員から募集した取締役17人を選出した。社内公募で取締役を選ぶのは極めて異例だ。在宅勤務の導入など「働き方改革」で知られるサイボウズだが、今度は「社員全員が取締役の役割を担う」という新たなガバナンス(企業統治)のあり方に挑戦する。 この日の総会で取締役に就任したのは23歳から52歳まで、女...
独り言

【政府】孤独や孤立の問題に取り組むNPO法人等への支援策まとめる!

2021年3月20日 NHK NEWSWEB 孤独や孤立の問題に取り組むNPO法人などへの支援として、政府は、経済的に厳しい家庭の子どもたちに食事を提供する「子ども食堂」を運営する団体に最大125万円を補助するなど、新たな事業を盛り込んだ具体策をまとめました。 新型コロナウイルスの感染拡大の影響が続く中、政府は、孤独や孤立の問題に取り組むNPO法人などを支援するため、新しい事業を盛り込...
独り言

70歳まで働く時代へ4月法施行!現役でも稼ぎにくい日本で高齢者が稼げるのか?

2021年3月14日 佐賀新聞 改正高年齢者雇用安定法が4月に施行され、日本は70歳まで働く社会へ大きく踏み出す。働きたい人の機会の確保を企業に促し、活躍の場を拡大。政府は公的年金制度に関しても受給を遅らせる形に変え、より長く働けるように転換を図る。 団塊世代の退職と少子高齢化に伴い、人手不足が深刻化。政府は元気な高齢者に、働き手とともに、社会保障制度の支え手の役割を期待する姿勢を鮮明...

アーリーリタイア

アーリーリタイア

アーリーリタイアに失敗は存在しない?働く意欲について考える

アーリーリタイアは会社を「引退」する行為 アーリーリタイアは、直訳すれば「早期退職」です。 一般に、日本でアーリーリタイアと言えば、定年前に会社を辞め「準備した資金」で働くことなく余生を暮らすことを意味します。 準備した資金では、余生を暮らす見通しが立たず、それを補う為に働くのであれば「セミリタイア」と呼ばれています。 アーリーリタイアやセミリタイアは、定年のあるサラリーマンに...
アーリーリタイア

アーリーリタイアの日常はストレスフリー!それで本当にいいのか?

ストレスフリーがストレス? あたり前のことですが、会社生活では決まった時間に出社するため、決まった時間に起床する必要があります。 決まった時間に起床するためには、きちんと睡眠時間を確保するのであれば就寝時間は必然と決まってきます。 働くサラリーマンであれば、ごくあたり前の日常ですが、この時間的な拘束もストレスと言っていいでしょう。 寝たい時に就寝し、目が覚めた時に起床する。 アー...
アーリーリタイア

早期退職やアーリーリタイア後に再就職する場合の準備や心構えとは

早期退職と異なるアーリーリタイア アーリーリタイアは、直訳すれば早期退職ですが、現状では意味合いが少し異なります。 どちらも会社を定年前に辞めることですが、辞めた後どうするか? 現状においてアーリーリタイアは、再就職等することなく生涯資金をもとに生活することを意味します。 アーリーリタイアは、時に「人生逃げ切り」とも称され、言わば昔でいう「隠居生活」のようなものです。 生...
アーリーリタイア

景気悪化で早期退職・希望退職を募る企業が増加!50代迷うなら辞めるも一手

早期退職(制度)と希望退職 どちらも会社を辞めることに変わりはありませんが、内容が異なります。 早期退職(制度)は、会社の業績に関係なく、一定の年齢に達した際に自分の判断で退職を決めるもので、企業の制度として用意されているのが一般的です。 一方、希望退職は、会社の業績が悪く、人件費を減らす目的で行われるもので自己都合ではなく、会社都合での退職扱いとなるのが一般的です。 端的に言えば...
アーリーリタイア

老後資金は誰もが悩む問題!老後生活を意識したリタイア後の生活レベルを考えよ

サラリーマンはいずれ会社を辞める 一般のサラリーマンであれば、定年になれば会社を辞めます。 日本の定年年齢は65歳で、公的年金も65歳から受給するのが一般的です。 アーリーリタイアは、定年前に会社を辞める行為です。 例えば、55歳でアーリーリタイアするとしましょう。 定年まで働くサラリーマンとの違いは、65歳までの10年間が無職の無収入になる点です。 当然ながら65...